スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Maya 2011 になってから Script Editor が改良されて
以前よりずっとテキストエディタらしくなりましたが
個人的にはむしろ余計に使い難くなったような気さえします。
未だに MS ノートパッドの方が使い易いって如何なことでしょう。。

しかしながら MEL とは違い、様々な用途で使用されている Python は
当然ながら様々なエディタに対応しているので
私も Python を記述する時は専用エディタを使用しようと思います。

正直エディタにお金をかけたくもないので
フリーウェアを色々と調べようとしたところ、
プラグインをダウンロードすれば『Eclipse』というフリーソフトでも
対応するようです。

このソフトは大学1年生の時に必修授業の中で
少しだけ触った記憶が薄っすらとあるような気がするので
これに決めました。

まずは
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se477425.html
ここからインストーラをダウンロード。

このままだとインストールに失敗したので
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
ここから Java の JDK をダウンロードし、
改めて Eclipse をインストール。

そしてEclipse 内の ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール... の作業対象欄に
http://pydev.sf.net/updates
と入力して Python 用プラグイン『Pydev』をインストール。

その後にウィンドウ→設定→Pydev→Interpriter - Python→新規(W)... から
Python の実行ファイルのパスを入力するようなので
Maya のインストールフォルダ内にでもあるかと思い検索をかけたのですが
見つからず。

そこでMaya のオンラインヘルプの『外部インタプリタから Python を使用する』を見ると

Windows および Linux の場合、
Maya の bin ディレクトリから mayapy 実行可能ファイルを実行します。


とあったので

(%MAYA_LOACTION%)\bin\mayapy.exe を指定すると
無事に設定も終えることができました。

110314_01.gif

実行も確認。

110314_02.gif

これで効率よく開発が進められそうです。


どなたか MEL のプラグインも作っていただけないものでしょうか。。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code