スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日バイト先の後輩と一緒に色々な事を試しているうちに

クリッピングについてある事に気づきました。

ニアクリッピングについては問題ないのですが、
ファークリッピングに関して少し変わった Maya の仕様があるのです。

オンラインヘルプにはこう書いてあります。

1つのオブジェクトの一部がファークリッピングプレーンより遠くにある場合、
ファー クリッピング プレーンより遠い部分を含むオブジェクトの全体がレンダーされます。


つまり、普通ならオブジェクトがクリッピングプレーンを跨いでいる場合でも
クリッピングプレーンより外側にある部分はクリッピングされる筈ですが、
Maya のファークリッピングに関してはそのオブジェクト全てがレンダリングされるらしいのです。


実際に試してみました。

side.jpg

このように配置した場合、普通ならカメラから遠くにある球と
円柱のクリッピングプレーンより遠い側の部分がクリッピングされる筈ですよね。

ビュー上では確かに

view.jpg

このようにクリッピングされている様に見えるのですが

レンダリングしてみると

rendered.jpg

このように円柱全てがレンダリングされるのです。

もちろんレンダラーを変えても意味がなく、ヘルプの通りこれは Maya の仕様のようです。

しかし、Depth Channel(Z depth) 画像を出力すると

depth.jpg

この通りクリッピングされるので、

もし故意にファークリッピングプレーンを跨ぐオブジェクトを
ファークリップをさせたい場合は
同時にこの様に Depth Channel(Z depth) 画像を出力して
この画像の完全黒(RGB : 0,0,0)部分をマスクにすれば
希望の結果が得られるようです。

もしくはもっと他に楽な方法があるのでしょうか。。
それにしても妙な仕様です。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code