スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日とある読者の方からメールを頂きまして。

「Python も勉強しては如何ですか」という旨のアドバイスを頂きました。

ソースが見つからないのですが、以前見たサイト(というか確か pdf ファイル)には
Mel と Python を様々な視点から比較し、その結論が
大概『Mel を使う利点が無い。Python の方が有能』との旨だった記憶があります。

確かに Maya 専用の言語である Mel とは違い Python は様々な機会で使う事ができるし、
場合によってはより短いコードで済む事が多いなど Python の方が利点は多そうです。

他の方の様々なブログを見ても Mel と Python の両方が使える方も少なくないようです。


しかし Mel は大学で少し学んだ C言語 や java といった言語に言語体系が似ているため
すぐに順応できたのですが、
Python はなんだかクセが強そうでどうにも取っ掛かり難いイメージがあったのです。

ところが調べてみるとWikipedia には
『Pythonの文法は基本的にCやJavaなどとよく似ている』とあるし、
恐らく共通するコマンドが多々ある事などの理由からか
Mel を知ってからだと取っ掛かりやすいという様に書いてあるサイトもありました。

まだ Mel も勉強不足で、
今も先達のソースコードなどを見たりしながら勉強している身ではあるのですが、
そろそろ Python も少しずつ勉強していこうかと思います。

生意気ながら Mel 講座という形での連載もさせて頂いているわけですが、
同時にゼロから Python を学んでいく過程を綴る記事も書けていけたらいいかなと思っています。


しかし After Effects 等を使用していたり
このホームページの作成などをしていると Java Script にも惹かれるんですよねー。

あまり同時に勉強しても混乱するだけだとは思いますが
企業に採用して頂いた要因として一応スクリプティングの腕を見込まれたという事もあるし
大学を卒業するまでにできるだけ勉強しておきたいところですね。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code