スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、おかげ様で就職先が決まりました。

ゲームから映像まで幅広く制作している某CGプロダクションです。


ところで、
今のところ私が最終的に目指すものは
リガー(リギングアーティスト)としています。

普段自分の考えなどを言葉にしてまとめる事が苦手な私も。
これに関しては就職活動の際に決まって理由を問われたので
概ね自分の中できちんと整理してあります。


恐らく最近では映画やアニメが好きでCGをやっている人が多い事と思いますが。

私はCGデザイナーとして許されないのではないか、
というほどあまり映画やアニメを観ません。

映画やアニメなどといった結果が好きというわけではなく
「3DCG」という媒体が好き』ということが根底にあります。
これが前提です。

ちなみに最初に3DCGに興味をもち始めたきっかけは
『メイキングのワイヤーフレーム画面が格好いいと思ったから』です。


私はモデリングでもアニメーションでも、果てはプログラミングでも。
3DCGという形でさえあればジャンルを問わず好きで。
欲を言えばこの全てをやっていきたいと思っています。

この様々あるジャンルの中でも、恐らく影が薄く見られがちな
『リギング』という作業こそが実は最も奥が深いものなのだと思うのです。

モデリングからアニメーションまでの橋渡しをする事から
この双方の高い能力が必要になり。
更には効率的なノードの繋ぎ方を考えたり
エクスプレッションやプログラミングによる制御をする事もあります。
また、先述の通り『橋渡し』役なので
人一倍コミュニケーションをとりモデラーやアニメーターとの意思疎通を
図る事さえも必要になるかもしれません。

これらの事からリガーが最も奥が深くてやりがいがある、
と思った事が私がリガーを目指す理由です。

結果的にこれは大概の人とは少し変わった考えであり、
かつ需要は間違いなくある筈なので
有り難くも内定を頂く事ができたのだと思っています。


とはいえ実はまだリギング自体の勉強はあまりしていないのですが。

Creative Crash で DL したデータなどを基に自分なりに理解した事は幾つかあるので
今後そういったリギング関連の事もご紹介していこうと思います。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code