スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一通りの制作をしている人なら、
複数のノードに対して同様の編集をする事は当然あると思います。

そんなとき、あなたは効率の悪い編集の仕方をしていませんか?

ここでは状況に合った3つの方法を紹介します。

まず、最も便利なものとして『Channel Box』があります。

0315_1.png

勿論これは単にトランスフォームノードのアトリビュートを見るだけのものではありません。

Channel Box は様々なノードタイプのアトリビュートを一覧された状態で編集できる、とても便利な機能です。

何より、Channel Box は Attribute Editor などと異なり、
複数のノードに同様の編集をするという特性があります。

もちろん全く同じ値にする時に限らず、四則演算子(+=,*=など)が使用できるため、
工夫次第ではかなり様々な編集をする事ができます。

そして複数のノードに対し同一名の新規アトリビュートを作成したり、
Channel Control により隠されたアトリビュートを表示する事もできるのです。

また、Graph Editor の Stats なども同じ特性を持っています。
私はアニメーションを作るとき頻繁にここを使います。

0315_2.png



というわけで今回は、
複数オブジェクトの Override Enabled をオンにして、
Override Color を青にするという事を例にして実演してみましょう。

きっと大多数の人がこの操作は Attribute Editor で行なっている筈ですよね。


まずはシェイプノードを1つだけ選択し、Channel Box を見てみましょう。

アトリビュートは何も表示されていませんね。
デフォルトでは、チャンネルボックスは殆どのアトリビュートを隠しているのです。

特にポリゴンやNURBSオブジェクトなどのシェイプノードのアトリビュートは全て隠されてしまっている様ですね。

一度Attribute Editorから普段どおりOverride Color を青(左から7番目)に設定してください。

Channel Control を開き、Override Color と Override Enabled を可視化します。

0315_3.png

0315_4.png


それから Channel Box を見ると Override Color が 6 になっています。
つまり、 6 という数値に設定すると青になるようです。
(これは OverrideColor が左から0,1,2,...という数値に対応している為です)

それでは、今選んだもの以外の複数のシェイプノードを選択してください。

Channel Control を開き、Override Color と Override Enabled を可視化し、
Override Enabled を on に、 Override Color を 6 にしてください。

これで複数のノードを一括で編集する事ができました。


今回は Color の値がわからなかったので一度Attribute Editorで確認しましたが、
もちろん大抵は最初から複数のノードに対して Channel Box の作業だけでOKです。

1つずつAttribute Editorを開くより確実に幾分早く作業が終わりますね。



今回は Channel Box の活用法について紹介しました。



残り2つの方法は次回の記事を参照してください。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code