スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Delete

条件を自由に設定して特定の要素を削除できます。


Blast

グループ名やコンポーネント番号を直接指定して削除します。
Delete よりも計算が早いことが多いです。


Attribute VOP Attribute Wrangle

Remove PointRemove Primitive を利用すれば
ポイントやプリミティブを削除することができます。

Wrangle だと、ポイントの削除は以下の通りで
//例:
// Run Over : Points
int geohandle = geoself();
int point_number = i@ptnum;
if(v@P.y < 0)
 removepoint(geohandle, point_number);


プリミティブの削除は以下の通りです。
第3引数の andpoints は、真の値を入力するとポイントも一緒に削除されるようになります。
//例:
// Run Over : Primitives
int geohandle = geoself();
int prim_number = i@primnum;
int andpoints = true;
if(v@P.y < 0)
 removeprim(geohandle, prim_number, andpoints);



内容に関してご指摘があればご遠慮なくお知らせくださいませ。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code