スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聞くところによると 3ds Max では Orthographic View でも
自由にタンブルできるらしいですが
Maya ではできない仕様になっています。
カメラの回転はできるのにビューポートでタンブルができないというのも
少し変わった仕様だと思いますが。

API レベルをいじることができるなら
この仕様自体を変えることができるのかも知れませんが
少し違った形で簡単な MEL で実装してみました。

{
string $panel = `getPanel -withFocus`;

if(`objectType $panel` == "modelEditor")
{
string $camera = `modelEditor -q -camera $panel`;
string $camShp[] = `listRelatives -shapes $camera`;
string $attr = "orthographic";

int $bool = `getAttr ($camShp[0] + "." + $attr)` ? 0 : 1;
setAttr ($camShp[0] + "." + $attr) $bool;
}
}


実行するとアクティブなビューの
Parspective と Orthographic がトグルします。
ホットキーなどに設定すれば手間にもなりません。

私はあまり使う機会はないと思いますが
きっと工業系などのモデリングをする方にとっては有用的だと思います。

また、上記 MEL の上半分の
アクティブなパネルからカメラの名前を取得するという部分は
何れ他のツールを作るときにも使えそうなので
覚えておくといいかも知れません。
コメント
管理者のみ閲覧可能にする
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code