スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポイントをつくる
Add

Points タブで座標を指定しながら好きなだけポイントを作ることができます。
Delete Geometry But Keep the Points をオンにすると
入力したジオメトリのポイントを抽出することもできます。


Scatter

ランダムにポイントを散布します。
ジオメトリを入力すると表面のみに散布し、
ボリュームを入力すると density が高い箇所に散布します。


Points from Volume

グリッド状に均等にポイントを作成するデジタルアセットです。
ジオメトリを入力してもその内部に作成します。

Point Generate

入力がなければ原点に、
入力があればジオメトリの頂点の位置に新たにポイントを作成します。

Particle

入力したジオメトリから次々にポイントを作成していくことができます。
基本的にポイントのインデックス番号順に発生することに注意してください。


Attribute VOP Attribute Wrangle

img_2015022201.png
Add Point を利用すれば新たにポイントを作成することができます。

Add by Position モードでは座標を指定してポイントを新たに作成し、
Crone Point モードでは既存のポイントをそのまま同じアトリビュート値のまま複製します。

Wrangle だと、Add by Position モードは以下の通りで
//例:
// Run Over : Points
int geohandle = geoself();
vector pos = {0,0,0};
addpoint(geohandle, pos);


Crone Point モードは以下の通りです。
//例:
// Run Over : Points
int geohandle = geoself();
int point_number = i@ptnum;
addpoint(geohandle, point_number);



内容に関してご指摘があればご遠慮なくお知らせくださいませ。
スポンサーサイト
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code