スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オブジェクトを多数複製しながらあるカーブに沿って配置できるようにしようと考えて
いつも通り Pymel を書いてるとちょっとしたバグ?のようなものを発見。

Pymel の NurbsCurve クラスでカーブの接線や法線がとれるので
Aim Constraint か何かで値を与えながら単純に複製していってもいいのですが
カーブの形状を編集したときにインタラクティブに作用する方がいいなと思い、
モーションパスを使って配置していこうと考えました。

個人的には、これは別に奇態な考えであるとは思えず、
むしろ同様の考えで同様のものを作ろうとした経験のある人も少なくないのではないかと思います。

そしていつも通り UI も作って機能もつけていき、ほぼ完成したのですが…、

undo がきかない

モーションパスをアタッチするためのコマンド、
pathAnimation をループ内で使用すると undo を実行してもうまく戻れない。

手動で undo の chunk を設定しようとしても駄目でした。

更に検証してみたところ、Pymel でなく mel でも同じ結果になりました。
これはバグでしょうか…?

最終的にはやむなく UI からノードを削除できるようにして一応戻せるようにはしましたが、
もしこのツールを作ろうとした人が他にもいればどう対処したのか気になります。


まぁ、今後 Houdini Engine が普及していけば Copy SOP 一発で済む話なんですけどね(ぉ

1028.png
スポンサーサイト
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code