スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作業の効率化を図るためにも、
マーキングメニューはかなり頻繁に使用します。

大抵はデフォルトのままで使用しているのですが
これもいくつかカスタマイズしているものがあります。

以前ご紹介した通り South エリアに UV Texture Editor を追加しているのと
もう1つ、Center エリアも少しカスタマイズしています。

というのも、デフォルトでは

20130828_01.png

この様子で、大半がビューの切替であるにも関わらずなぜか下部には Hotbox Style があり、
既存のカメラのビューに切り替える項目が見当たりません。
バージョン 2014 からは New Camera も含めた他の視点もいくつか追加されたのにも関わらずです。

Hotbox Style はスペースキーのマーキングメニュー右側の Hotbox Controls からでも設定できるし
そもそもそれほど頻繁に切り替えることがないので、
私はこれの代わりに既存のカメラのビューに切り替えられるようにしています。

これに関してはシーン内のカメラを調べたりなどするプロシージャを作成する必要があるため
Marking Menu Editor からではなく prefs 内の設定ファイルをそのまま書き換えています。

menu_CommonModelingPanes.mel

もし同様の設定をしたいという方はこのファイルを
prefs > markingMenus フォルダに入れてみてください。
自己責任でお願いします。

20130828_02.png

するとこのように任意のカメラからのビューに切り替えることができます。

実は実際はスペースキーのマーキングメニューから
Panels > Perspective からカメラを選ぶのと全く同じ手数なので
利便性が格段に向上するというわけではないのですが、

なんとなく気持ちがいいのでこの設定をしています。
スポンサーサイト
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code