スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フレームレートが低いと分かりやすいのですが
Maya でパーティクルのエミッタを作って
適当に移動させて動きをつけたとき
エミッタは常に曲線を描いて動くことができますが
発生されるパーティクルは整数フレーム同士の間は直線的に補間されます。

2013061401.png

例えば上の図で、これはエミッタ[緑]をパス[青]に沿ってアニメーションさせています。
これは(パーティクル[ピンク]を全て放出しきった後の)
6.5 フレームという整数ではないフレームでの様子をキャプチャしたものですが
エミッタは確かにパス上にあるはずなのにパーティクルはそうではありません。
発生場所の軌跡が角張っていて非常に不自然です。
もちろんモーションパスを使わずとも曲線的な動きさえ与えていればこの現象は起こります。

これを回避するには、Dynamics メニューセットの
Solvers > Edit Oversampling or Cache Settings... をクリックして
開かれる Attribute Editor で dynGlobals ノードの Over Samplies の値を上げれば
綺麗になるようです。

2013061402.png

うぅむ… Maya もまだまだ分からないことばかり。
しかし仮にメニューにある機能を全てシラミ潰しに調べて勉強したところで
Dynamics の Solvers なんていうところにある機能が
(しかもヘルプには「ダイナミック シミュレーションをオーバーサンプリングします。
 としか書かれていない)、
この問題が解決できるなんて分かりようがないので…、

そういう意味でもやっぱりユーザ同士の情報提供は大事だなと思いました。
スポンサーサイト
Profile
HN らい

都内某社テクニカルディレクター
都内某専門学校講師
都内某企業講師
元中国某社S3Dスーパーバイザー
Contact
(ENGLISH OK. 可以用中文。)
Categories
Archives
RSS Link
QR Code